コンシダーマルスキンローション 電話

コンシダーマルは新たな成分を高配合しています。

コンシダーマルは従来の製品よりも美容成分を200%アップしています。

 

それがマリンプラセンタ―や醗酵プラセンタとEGFです。
プラセンタ―は、美容効果が期待できる化粧液には無くてはならい成分が豊富に含まれていいます。
EGFはノーベル賞受賞の(上皮成長因子)自動的に肌に問題の箇所を見つけ出し修復してくれる成分です。
お陰で売上が大幅アップされているようです。

 

なので充分その効果が期待出来る製品と言えます。

 

コンシダーマルの使用方法は洗顔後に使用するようです。

コンシダーマルはオールインワンの美容液です。これ1本で6役なので時短でいそがしい貴方をシッカリサポートしてくれるようです。

肌深くに浸透するローションタイプなのでべた付く事もあまりありません。
貴方のお肌をみずみずしく潤いある肌へと導いてくれます。

 

コンシダーマルは、エイジングケアとしても人気の化粧品です。
世界初ラメラ構造を配合し自国の日本やアメリカ・EU諸国でも特許を取得している点もすごいですね。

 

次世代化粧品として人気爆発で電話もつながらない生産が間に合わない異常な事態に
陥ったコンシダーマルは今では電話回線を増やし生産体制も見直し安定しているので
一時の現象も無くなったそうです。

コンシダーマルの全成分は以下の通りです。

参考にしてくださいね。

水、BG、グリセリン、シクロヘキサシロキサン、ベタイン、DPG、トレハロース、ステアリン酸グリセリル(SE)、プラセンタエキス、サッカロミセス/(黒/プラセンタエキス)発酵液、ヒトオリゴペプチド-1、セラミドNG、セラミドNP、スクワラン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、PCA−Na、乳酸Na、クエン酸、クエン酸Na、塩化Mg、塩化Ca、シア脂、ホホバ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、ベヘン酸、ラウロイルサルコシンイソプロピル、ステアリルアルコール、ベヘネス−30、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10−30)クロスポリマー、PPG−6デシルテトラデセス−30、メタリン酸Na、シクロペンタシロキサン、トコフェロール、ステアロイルグルタミン酸2Na、ビサボロール、ポリ-ε-リシン、マンニトール